バッグ修理のコスト

バッグ修理の専門業者に依頼する場合の心配事といえば、コストです。高価なブランドバッグは多くの人がメンテナンスをしながら使い続けるものですが、やはりそのコストは高く、使いつぶしてしまうこともあります。しかし、ダメージに気をつけておき、小さなダメージの状態で小まめに補修を行うことでより長く愛用できることもあります。長く使いたい大切なバッグはメンテナンス費用もある程度は覚悟しておきたいものです。

バッグ修理ではメンテナンス箇所の数や範囲、さらにダメージの具合によってコストが違ってきます。例えばパイピングでは、擦れや色落ち、シミなどのメンテナンスは軽微な修理で終えることができ、コストも抑えることができそうです。反対に革が切れている場合や、パイピングコードが露出してしまっていると修理も難しくなり、コストもかかります。パイピングの布や革を張り替えたり継ぎ足したりする場合には、バッグを分解することが必要なこともあります。

基本的にはバッグ修理は見積もりで料金を決めることになります。同じバッグはありますが、そのダメージは人それぞれのものです。そのため、一律に料金を決めることができず、状況に合わせて見積もりを出すことになります。ネットでは修理実例と参考価格を掲示していることもあるので、おおよそのコストを予想することは出来るかもしれません。パイピング革を張り替える場合の平均価格としては4箇所で10,000円程度は見ておきたいものです。